スケレジッチ新監督に期待

“サッカーのアフガニスタン代表監督と聞くと、私は退任した「ムハンマド・ユースフ・カルガール」氏を思い出します。私はサッカーに興味ないので、思い出すのはもちろん氏の功績などではなく、あの事件の方です。2015年の1月に、氏が暴漢にナイフで滅多刺しにされた、あの事件です。なんとか一命は取り留めたものの、一国の代表チームの監督が殺されかけた事件として世界を震撼させました。
最近、ムハンマド・ユースフ・カルガール氏の後任が決まったそうですね。スケレジッチ氏という方だそうで。なんでもフランクフルトのチームのコーチだったらしいので、アフガニスタンとしてはスケレジッチ氏に大いなる期待を寄せていることでしょう。
しかしサッカーはどうでもよい私にとって気になるのが、また同じことが繰り返されないかという部分です。もし仮に、スケレジッチ氏まで暴漢に襲われたりしたら、アフガニスタンのサッカーは終わりじゃないでしょうか?そうならないように祈っています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です