選手補強に力を注ぐ

“アフガニスタン代表の選手は、国内外の選手の混合チームだそうです。国内サッカーの選手もいれば、ドイツやオランダをはじめとするヨーロッパの下部リーグで活躍している選手もいるそうです。
しかしいくらヨーロッパで活躍している選手も多いと言っても、所詮は下部リーグですので、上位リーグのスター選手ばかりが集まるヨーロッパの列強国と張り合うことは難しいでしょう。というよりも、不可能なのではないでしょうか。
そこで現在、アフガニスタン代表は選手の補強に力を注いでいるそうです。まあ、選手補強などどの国でも行っていることだと思いますが。アフガニスタン代表の場合には、個々を磨くというよりも選手たちの平均水準を底上げしているのではないかと思います。日本程度の相手ならばともかく、ヨーロッパや南米のような次元の異なる強さの相手と戦うには、まず底上げが必要でしょう。戦略以前の話ではないでしょうか。底上げが完了したとき、日本人にはないあちらの人特有のフィジカルの強さが生きてくることでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です